★カレー味の唐揚げ★


カレー味の唐揚げはご飯のお供としてうってつけのおかずだ。子供から大人まで大好きだろう。

しかし下味にカレー粉を入れてしまうと、油が汚れるし風味が落ちやすい。
下味にカレー粉を加えないのならどうするか?というと、揚がったあとで唐揚げに絡めるのだ。
ファストフード店でポテトにシーズニングを加えるオプションがあるが、あれと同様だ。

鶏モモ肉:1枚
【下味】
ショウガ(すりおろし): 1片
ニンニク(すりおろし):1片
酒;大さじ2
塩:小さじ1
醤油:小さじ2
片栗粉:適量
【仕上げ用】
カレー粉:大さじ1
ハーブミックス:小さじ半分

鶏肉の下味にはしっかりにんにく、生姜、しょうゆを加えてやや長めに漬け込む。
がっつりとニンニクを利かせてもカレー味の邪魔にはならないので大丈夫。
カレー味の唐揚げなのだから下味に加えた方がしっかり味がつきそうなものだが、
下味の段階でカレー粉を加えると、浸けこんでいる間にカレー特有の風味が落ちてしまい、他の調味料に風味負けしてしまいがちだ。

鶏肉は一口サイズに切る。あまり大きく切ると火の通りが悪い。
漬け込んだ鶏肉に片栗粉をまぶす。余分な粉を落としてから
揚げ鍋に油を張って、180度くらいになってから順番に入れていく。
形は下手に整えない方が火の通りがよい。
揚がった唐揚げをフライパンに戻し、仕上げ用のシーズニングを絡める。

このシーズニングは刻んだ大葉やゆかりご飯の素などでも代用でき、
色々な風味が楽しめるもので、覚えておくと重宝するだろう。





Copyright © ★Kのゆるりお料理日記★ All Rights Reserved.