★パリパリチキンソテー★


シンプルなのに…いや、だからこそ仕上がりに差が出るもの。
仕上がりをパリッとさせるにはポイントを抑える必要がある。
今回ソースはトマトソースを用いたが、マスタードソースや塩コショウだけでももちろんOKだ。
付け合わせはキノコのソテーや生野菜サラダなどが良いか。
立派な一品料理になるだろう、。


鶏肉(もも)2枚

塩小さじ1/2
黒コショウ少々

白ワイン 少々

カットトマト缶 大さじ4
ケチャップ 大さじ4
ウスターソース 少々
作り方
鶏肉は火の通りを均一にするため、厚みのある部分をそいで開き平らになるようにする。

更に身側に軽く切りこみを入れ筋を切ることで縮みを防ぐ。

両面に塩コショウをしっかりふって馴染ませる。
食べごたえのある鶏もも肉を美味しく食べるには、ここでの下味つけが非常に重要になってくる。
味がぼやけないよう、塩は強めにしっかりふっておくべきだ。


フライパンを中火で熱し、3の皮面を下にして投入。
フライ返しでグッと押しつけながら、5〜6分押し焼き。
皮からどんどん脂が出てくるのでペーパーでふき取りながら焼く。
鶏肉はあまり動かさない。要するに皮面を揚げ焼きにするイメージだ。
しっかり押し付けることで火の通りも均一に、かつ皮面をパリッとさせる。

8割ほど火が入ったら裏返し、ワインを振り入れてフタをして蒸し焼き。
返してからは押し焼きはしない。中まで火が通るまではそれほどかからないだろう。
ここで焼きすぎると、お肉の水分が抜けてパサパサになってしまうので注意する。

フライパンの余熱でトマト缶の汁、ケチャップ、ウスターソースを温めてソースを作り、かけて完成。
ナイフを入れるのは焼きあがってから5〜6分、肉汁が安定するまで待ったほうがいいだろう。
肉汁の流出がもったいないからだ。





Copyright © ★Kのゆるりお料理日記★ All Rights Reserved.